脚

ニキビのメカニズム

背中

ニキビと呼ばれる肌トラブルは、男性ホルモンのバランスが乱れる事だと言われています。男性ホルモンが多量に分泌してしまうと、皮脂の分泌が促されやすくなってしまいます。そのため、毛穴に汚れが溜まりやすくなるのです。いわいるニキビとは、毛穴に皮脂が溜まってくる事で引き起こされる物です。この皮脂が溜まる理由は幾つかあり、皮脂が過剰に分泌される事もその1つです。また毛穴の入口が塞がれてしまう事も、皮脂が毛穴に溜まってしまう原因の1つです。毛穴の入口が塞がってしまう大きな理由の1つが、肌の新陳代謝が上手に行われない事による古い角質による詰まりです。また新陳代謝が上手く行われている場合でも、肌に刺激がかかる等の原因で肌の角質が硬くなり、その結果毛穴の外に皮脂が排出されにくくなっている場合もあります。それらは、日々のストレス、生活習慣等の影響を受けたことによるものが主な要因です。このような事が原因になり、皮脂が毛穴につまってくると、皮下でその皮脂は塊になっていきコメドと呼ばれる物になります。この状態は、肌側から見ると大きな変化を確認する事は出来ません。言わばニキビの子供のような状態だと言えます。この状態から、大きくなってしまったり、炎症を起こしてしまう事で、ニキビへと悪化していく事になります。ニキビは悪化して炎症を起こしてしまうと、周辺の肌組織を壊してしまうので痕が残りやすくなってしまいます。その為、ニキビが炎症を起こす前に対策を行う事が、痕を残さない為にも重要になるのです。